医療脱毛とエステ脱毛の効果の違いは?

医療脱毛とエステ脱毛の効果の違いは?

医療脱毛もエステ脱毛も、どちらも脱毛の基本的な仕組みは同じです。どちらも黒色に反応するレーザー光を利用して脱毛を行います。しかし、この使用するレーザー光に違いがあります。

医療脱毛で使われるレーザーは、エステ脱毛で使用されるレーザーよりも出力が高いレーザーを使用します。そのため、永久脱毛をすることができます。

永久脱毛は医療行為に当たるので、医師や看護師しか機械を扱うことができません。エステ脱毛は医療脱毛と違い、永久脱毛の効果を得ることはできません。

エステ脱毛は減毛を目的に行われています。永久脱毛の効果はありませんが、施術を繰り返すことで毛を目立たなくさせる効果があります。また医療脱毛よりも刺激が少ないので、敏感肌の人でも安心して脱毛をすることができます。

医療脱毛とエステ脱毛の料金の違いは?

医療脱毛とエステ脱毛の料金の違いは?

医療脱毛とエステ脱毛の料金の大きな違いは、エステ脱毛は回数や料金がセットになっていて、事前にすべての脱毛料金を一括で払うシステムになっているところが多いのに対して、医療脱毛は脱毛をした時間分の料金をその都度払うシステムが多いです。

またエステ脱毛では宣伝費を多く使用しているところは、その分脱毛料金も高いということがあります。医療脱毛は宣伝はしていないので、比較的リーズナブルに脱毛することができ、いつでも脱毛をやめることができるのです。

そして大金を一気に支払うことが出来ない人は、医療脱毛のシステムの方が良心的で利用しやすいということもあります。

ときどきエステ脱毛で破格の価格で脱毛をできるキャンペーンがありますが、条件がいろいろあるので注意が必要です。

医療脱毛とエステ脱毛の痛みの違いは?

医療脱毛とエステ脱毛の痛みの違いは?

脱毛は痛いというイメージを持っている人は多いです。特に医療脱毛は、エステ脱毛よりも出力の高いレーザーを使用するので痛みが強いと言われています。

特に毛が太くて濃い場所である、脇やデリケートゾーンの施術は痛みが強いのがデメリットです。しかし、クリニックで行っているので痛みが強い場合は麻酔を使用することができます。

エステ脱毛は、減毛を目的に行われている脱毛方法です。医療脱毛に比べて、レーザーの出力が弱いので痛みも少ないのが特徴です。

最近ではほとんど痛みがない施術ができるエステサロンもあります。痛いと言われている脇やデリケートゾーンの脱毛も気軽に行うことができます。また、痛くない施術なので子供や敏感肌の人でも脱毛できます。